こんな時は?

共有名義で土地建物の持分割合が異なる場合

  • 例えば土地については夫が単独で所有し、建物については、夫が3分の1、妻が3分の2の持分を有している場合の住宅ローン控除の対象となる金額は次の通りとなります。
  • 前提
  • 土地の価額 3,000万円(夫の単独所有)
  • 土地の借入金 2,000万円(夫が負担)
  • 建物の価額 3,000万円(持分夫3分の1、妻3分の2)
  • 建物の借入金 2,400万円(負担割合夫3分の1、妻3分の2)
  • 夫の場合
  • 土地の借入金2,000万円と建物の借入金の内夫負担分(2,400万円×1÷3)800万円の合計2,800万円
  • 妻の場合
  • 建物の借入金の内、妻負担分(2,400万円×2÷3)1,600万円
  • 合計で4,400万円が対象となる金額となります。

トップ 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS



はてなブックマークに追加はてなブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 Google Bookmarks に追加Google Bookmarks に追加

Last-modified: 2009-01-18 (日) 20:40:32 (3593d)


住宅ローン控除±減税まとめサイト Copyright(C)Piece of Future LLC