こんな時は?

住宅ローンを繰上返済した場合

  • 住宅ローン控除の条件の一つに償還期間が10年以上の一定の住宅ローンの残高があることというのがあります。
  • 例えば、住宅ローンの繰上返済をした場合には、繰上返済後の借入金の償還期限が10年以上である場合には、住宅ローン控除の適用を受けることができます。
  • 繰上返済により、当初借入した時からの償還期限が10年未満となった場合には、その年以降は住宅ローン控除の適用を受けることはできません。
  • 住宅ローン控除と住宅ローンの繰上返済のどちらを優先した方がいいのかですが、住宅ローン控除は、住宅ローンの金利の約1%分の所得税を減税しますという制度です。
  • 一方の繰上返済は、返済した元金に対する今後支払うはずだった利息が不要になります。
  • 住宅ローンの金利は1%超でしょうから、繰上返済を優先した方がいいことになります。
  • ただし、住宅ローンの繰上返済は、今後のライフプランを検討したうえで行うようにしてください。
  • 繰上返済してしまいますと、手元の現金が減ってしまうからです。

トップ 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS



はてなブックマークに追加はてなブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 Google Bookmarks に追加Google Bookmarks に追加

Last-modified: 2009-01-18 (日) 20:41:42 (3593d)


住宅ローン控除±減税まとめサイト Copyright(C)Piece of Future LLC