よくあるご質問/居住や取得について

Q04家屋の所有権移転登記が留保されている場合には、住宅ローン控除の適用を受けることはできますか?

無料メルマガ「1分で学ぶ!マイホームの税金」
マイホーム購入は以前は一生に一度のことでしたが、最近はライフスタイルに応じて住み替えるようになってきています。マイホーム購入時だけではなく、売却や住み替え時には知っておけば役に立つ税金情報があります。このメルマガではタイトル通り、1分間で簡単に学ぶ住宅の税金情報を発信していきたいと思っております。

A04回答

  • 所有権移転の登記の留保が長期賦払債務を担保するためにのみ行われているに過ぎない場合には、所有権移転の登記がされていなくても、家屋の引渡しを受けた時においてその家屋を取得したことに変わりはないと考えられます。
    したがって、所有権移転の登記が行われていなくても、実際にその家屋の引渡しを受けたことが、その他の書類により明にすることができれば、住宅ローン控除の適用を受けることができます。
トップ 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS



はてなブックマークに追加はてなブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 Google Bookmarks に追加Google Bookmarks に追加

Last-modified: 2009-11-05 (木) 19:11:40 (3574d)


住宅ローン控除±減税まとめサイト Copyright(C)Piece of Future LLC