税源移譲による住宅ローン控除の住民税申告について

無料メルマガ「1分で学ぶ!マイホームの税金」
マイホーム購入は以前は一生に一度のことでしたが、最近はライフスタイルに応じて住み替えるようになってきています。マイホーム購入時だけではなく、売却や住み替え時には知っておけば役に立つ税金情報があります。このメルマガではタイトル通り、1分間で簡単に学ぶ住宅の税金情報を発信していきたいと思っております。
  • この適用を受けられるか判断する目安として、まず「平成○年分の給与所得の源泉徴収票」を確認してください。該当する年度ごとに源泉徴収票をみてください。
    (これは今年最後の給与と一緒に or 年明けに会社から配布されます)
  • 「平成○年分の給与所得の源泉徴収票」の摘要欄に
     住宅借入金等特別控除可能額の金額が記載されていること
  • 又は「平成○年分の給与所得の源泉徴収票」の
      源泉徴収税額の欄が0である
  • 上記の場合は住民税での住宅ローン控除の適用が受けられる可能性があります。

なお、平成21年より、住民税での住宅ローン控除の適用が受けられる場合であっても、住民税の申告は不要となり、年末調整で住宅ローン控除の適用を受けていれば、市区町村が判断をして住民税で住宅ローン控除の控除を行うようになりました。

関連内容

トップ 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS



はてなブックマークに追加はてなブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 Google Bookmarks に追加Google Bookmarks に追加

Last-modified: 2011-01-09 (日) 17:00:06 (2814d)


住宅ローン控除±減税まとめサイト Copyright(C)Piece of Future LLC