税源移譲による住民税申告

税源移譲による住民税申告 留意点

住宅ローン控除が全額控除されているか要チェックです。

  • 確定申告をする方(年末調整を行っていない方)の確定申告で、住宅ローン控除の適用がある場合には、要チェックすべきポイントがあります。
  • 所得税の計算が終わり、住宅ローン控除額の全額が所得税から引ききれていない場合には、住民税での住宅ローン控除の減税を受けることができます。
  • 年末調整をされている方については、源泉徴収票に住宅借入金等控除可能額の記載があるから気づきますが、確定申告のみを行っている方については、自分で判断しないといけません。
  • ポイントは、第1表の右側上の課税される所得金額に対する税額の金額とその下の住宅借入金等特別控除の金額です。
  • 住宅借入金等特別控除の金額の方が大きければ、住民税での申告が必要かも知れません。くれぐれもお忘れのないようにしましょう。

トップ 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS



はてなブックマークに追加はてなブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 Google Bookmarks に追加Google Bookmarks に追加

Last-modified: 2009-01-18 (日) 20:21:28 (3535d)


住宅ローン控除±減税まとめサイト Copyright(C)Piece of Future LLC